2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2011.10.17 (Mon)

詞譯『夢懸歌』


食用期限:請勿轉載

『夢懸歌』
唄:KAITO

作詞:イントロP
作曲:イントロP
編曲:イントロP

[More・・・]


甘く思い出 くゆらせば
若讓回憶被甘甜的煙燻纏繞

蘇るのは 故郷の
甦醒了 故鄉的

夜明け
拂曉


涙の玉に たゆたうのは
淚珠中 浮現的是

小川に揺らぐ 魚の尾鰭
在小川搖擺著金魚尾鰭

幼い僕の 目玉の中には
年幼的我 眼中的是

あの春の日の
那天春日中

山の野花
山谷的野花


音の数々を枕木に
枕木無數的落響聲

東へ 東へ 此処まで来た
向東 往東 來到了這裡

出逢い 廻り 別れ 歌い
相遇 巡迴 離別 歌唱

この声は 何処まで
此聲音將會

届くのだろう
傳遞到何處


煙の苦味 憶えてなお
猶記得煙的苦澀

想いの糸は 断ち切れず
思念的線還未斷


夜更けの静寂 彩るのは
渲染在夜半的寂靜

溜息のような 不如帰
宛如嘆息的 杜鵑

大人の僕の 胸の奥には
成人的我 內心深處殘留

未だ 燃える
未能燃起的熱情

幼き夢
少時的夢想


音の数々をこの轍に
車軌上無聲的響聲

刻み 刻み 此処まで来た
刻畫著 刻畫著 來到了這裡

咲き 乱れ 散り 結び
盛開 散亂 飄零 凝結

この声は 何を
這把聲音 在何方

紡ぐのだろう
紡織了什麼


音の数々が泡のように
無數的響音如泡泡

集まり 集まり 流れ往く
聚集 結集 流逝而去

奏で 震え 重ね 繋ぎ
鳴奏 震盪 重疊 連繫

この想いよ いつか
此份心情 總有一朝

故郷へ
往故鄉去


音の数々を枕木に
枕木無數的落響聲

東へ 東へ 此処まで来た
向東 往東 來到了這裡

出逢い 廻り 別れ 歌い
相遇 巡迴 離別 歌唱

この想いよ いつか
此份心情 總有一朝

故郷へ
往故鄉去


不如帰:借代杜鵑的叫聲,「不如歸去、不如歸去」

tag : 日語 翻譯 歌詞

12:14  |  [秘密香料]蜜瓜芭菲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

留言:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・刪除するのに必要
SECRET  管理者だけに留言:を表示  (非公開留言:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事の引用 URL

→http://caramelrinko.blog125.fc2.com/tb.php/172-524fca04

引用此文章(FC2部落格用戶)

この記事への引用:

▲PageTop

 | BLOGTOP |