2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2013.03.16 (Sat)

詞譯『蛍火』

食用期限:請勿轉載

『蛍火』

歌:須藤まゆみ
詞:椎名豪
曲:椎名豪
奏:msso

A Fireflys Light

[More・・・]


あれからどの位 時が経ったのだろう
從那以後 經過了多久的時間
今はもう地下鉄の 新しい駅が出来て
如今地下鐵的新站也落成了

あの頃は 夜の9時になると 音をたて工事をしていたね
那時候 到夜間9點 回響著工程的敲擊音
それが 待ち合わせのいつもの合図のように
像是平常等待的信號那樣
ふたり 息をきらしてたね
兩人 氣喘喘地來到

白く光る淡雪さえ 溶けないほどに寒い
連白光般的淡雪 不溶化的寒冷
そんな夜に出会った
在夜裡相遇
かじかむこの手握り 寒いと笑った君は
握緊凍僵的手 說著「好冷」卻臉露微笑的你
今はもうここにいない
現在已經不在了
艶やかに咲き 消えてしまう蛍火
閃爍出艷麗又瞬間消逝的螢火

明け方の西空 何かに飲み込まれ
被黎明的西方天空 漸漸染上霞光
星たちは消え去り まばゆい力 生まれ
星星們被消去 從中生出耀眼的力量

前は朝になると直ぐに 不安がやってきたんだよ
要不是提前發生的話 果然還是會不安的
今は悲しいけど それがないぶん少しだけ
現在的悲傷 只是比當時減輕些許
ホントほっとしているんだけど
不過 真的真的 我已經沒事了

白く冷たい頬に 最後の花飾るとき
蒼白冰冷的臉頰 繫上最後的花飾
遠く君を見ていた
在遠處望著你
なぜ皆が泣き出し 今別れを告げるこの時
為何大家都要哭泣 正因如今是告別之時
一人ぽつんとしていた
獨自一人發愣
まるで海に咲く とても小さな和火
宛如海上開出 極小的燈火

白く光る淡雪さえ 溶けないほどに寒い
連白光般的淡雪 不溶化的寒冷
そんな夜に出会った
在夜裡相遇
かじかむこの手握り 寒いと笑った君は
握緊凍僵的手 說著「好冷」卻臉露微笑的你
今はもうここにいない
現在已經不在了
艶やかに咲き 消えてしまう蛍火
閃爍出艷麗又瞬間消逝的螢火


遺蹟傳說原聲集
Tales Of Legendia Original Sound Track

tag : 日語 翻譯 歌詞 A Firefly's Light

18:20  |  [秘密香料]蜜瓜芭菲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

留言:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・刪除するのに必要
SECRET  管理者だけに留言:を表示  (非公開留言:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事の引用 URL

→http://caramelrinko.blog125.fc2.com/tb.php/228-96d5ef44

引用此文章(FC2部落格用戶)

この記事への引用:

▲PageTop

 | BLOGTOP |